いびき治療

睡眠時無呼吸症候群

 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
 医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者(日本人約300万人)がいると推計されています。
 この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼし、気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があります。睡眠時無呼吸症候群の患者さんは全身疾患のリスクが高くなり、 特に糖尿病、高血圧、心臓病(心疾患)、脳卒中などと大きく関係していると言われています。

いびきがうるさい
疲れがとれない
寝苦しい などの症状はないですか?

施設写真

睡眠時無呼吸の治療法には、耳鼻咽喉科で行われている外科的治療、内科的治療のマスク療法(CPAP) 、歯科的治療のマウスピース療法に区別されます
当院ではマウスピース治療を行っています、まずはご相談下さい